Home
企業情報
企業方針
事業紹介
工事実績
採用情報
システム
解体事業
リサイクル事業
環境事業

解体事業は経済の発展に必要不可欠なものです。事業の規模または状況を考慮し効率の良い解体作業を目指しています。また、作業にともなう騒音、振動等を最小レベルに抑えるなど周辺環境にも十分配慮し、人々の生活にもとづいた事業を目指します。 環境保全が叫ばれる今、私たちは長年培われたノウハウと実績を活かし自然と調和したビジネスを推し進め、皆様に安心と安全をお届けすることをお約束いたします。

ビルの解体
都市部の建物が密集した地域での解体作業となる場合が多いので、場所に応じた養生を施します。 つぎにコンクリートと鉄筋等に分別しながら解体を行います。 コンクリートはその場で移動式クラッシャーによって粉砕し、埋め戻し材として再利用する場合もあります。 条件によっては、地上からと屋上からとに分け作業を行います。また、作業中は散水をするなど防塵にも注意し、周辺環境に十分に配慮しています。

防音に配慮した仮設養生
<1>
防音に配慮した
仮設養生
大型クレーンによる看板先行撤去
<2>
大型クレーンによる
看板先行撤去
ハイリフト重機による躯体解体
<3>
ハイリフト重機による
躯体解体
大型重機による地中部分解体
<4>
大型重機による
地中部分解体
整地完了
<5>
整地完了
揚重・地下解体
階上解体はスラブの耐力をあらかじめ調査・検討し、サポートなどで補強を行い重機の転倒・落下防止が重要な工事です。 地下構造物の解体には、大断面の部材が多く、振動障害や周辺地盤沈下に注意が必要な工事です。

強力サポートによる床補強
強力サポートによる
床補強
重機吊り上げ状況
重機
吊り上げ状況
揚重解体作業状況
揚重
解体作業状況
地下解体状況
地下解体状況
改修工事
解体工事への要請は全撤去のみではありません。 既存建物の部分撤去や既存建物を活かしたまま利用するための内部解体も重要な工事です。

人力による内部解体
人力による
内部解体
ミニ重機による壁の圧砕解体
ミニ重機による
壁の圧砕解体
ハンドクラッシャーによる壁の解体
ハンドクラッシャーによる
壁の解体
特殊アタッチメントによる廃材荷おろし
特殊アタッチメントによる
廃材荷おろし
解体完了
解体完了

解体工事までの手順

  1. お客様からのご依頼
  2. 物件を詳しく調査
  3. お見積りを算出
  4. ご契約完了
  5. 施工計画書を説明
  6. 解体作業開始

    解体工事の種類

  1. ビルの解体
  2. 揚重・地下解体
  3. 改修工事
  4. 多種多様な構造物の解体
  5. 現場リサイクル技術
ページの先頭へ